祭りの終わり

大学教員がその場の思いつきをネットに書いて注目を集めたのは既に過去だし、「読者」ではなく、そんなネット上の「先輩」のほうを向いて中堅・若手が新書を連発する奇妙な風習も、そろそろ賞味期限が切れている。