「失敗」とは?

「あの人がそうゆうてるからOK」とか毎日適当に考えて生きている。

それは、「適当」というより、愚かだと思う。

ただ「あの人がゆうてることを信じて失敗したからあの人が悪い」と思うことはない。

たぶん、この後半の文は「嘘」、少なくとも不正確だと思う。

一見「心が広い」かのように見せているけれど、前段のような生き方をしている人間に、自分の「成功」と「失敗」だけが、他人に丸投げすることなく、自力で判断できる、ということがあり得るのだろうか?

「失敗」と「成功」も、「他人がそうゆうてるからそうなんやろう」と思うことにしており、

「あの人」が「悪い」のか「良い」のか、というのも、「他人がそうゆうてるからそうなんやろう」と思うことにしてるでしょ(笑)。

そして、そういう風に全部、他人に丸投げしておけば、何も自分には響かない「はず」だ、という、その予測(建前)で文章を書いてるでしょ。