読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五代ではない、では誰なのか?

大阪市立大学の設置は1949年だが、1980年を創立100年と見なすのは、明治13年の大阪商業講習所開設を起点と見なしているようだ。(この時点で起源が「創られている」わけだから、なんだかなあ、という話だが。)

開設における五代友厚の関与が限定的なんだとしたら、他に誰が関与したのか、そっちを顕彰すればいいだけのことじゃないの。加藤、門田、桐原などなど、名前が色々出てくるようだが、だったら、群像の記念碑ということで、誰かが対案を出せばいいだけなのでは?

「伝統の発明」論は、もう前近代の慣習 convention をそのまま生かすのでは立ちゆかなくなっているなあ、という歴史認識を言っているだけのことで、「発明された伝統」はすべて破棄すべし、とか、そもそも、何も発明しちゃダメ、とか、そんな子供っぽいことを言っているわけではないはずだ。まして、現執行部に汚名を着せて引きずり下ろす学内政治、とか、プロパガンダとしてイケてないよね。

記念碑に刻まれたドイツ: 戦争・革命・統一

記念碑に刻まれたドイツ: 戦争・革命・統一

今も多様な記念碑が創られ続けているドイツに学べ!