読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不透明感

日本音楽学会西日本支部で昨年発表にエントリーして、その打ち合わせが進まないときに感じたのは、何よりも、学会の「不透明感」である。

だから、委員のひとりである吉田寛さんが、組織の運営側の人間としてのコメントを出すより前に、学会運営についての具体的な疑問点について発言する者への不快感を表明するに至ったことは、吉田寛さん個人に対して呆れると同時に、組織の「膿を出す」きっかけとしては、格好の糸口になり得るのではないかと、私は考えている。